ファンドの種類

匿名組合(TK-GK)

匿名組合(TK)の場合、合同会社(GK)や株式会社(KK)といったビークルを設立し、そのビークルが営業者となって投資家とTK契約を締結するスキームがよく用いられます。 匿名組合員である投資家は、出資額の範囲内でリスクを負担します。また、民法上の任意組合(NK)のような共同事業性はないため、TK出資者同士の間で権利義務は原則として生じません。
ファンドのイメージ

匿名組合(TK)のメリット

投資家(TK出資者)の匿名性が強く保護されるスキームであります。 また、合同会社と組み合わせることによって、法人として銀行からの借入が容易になります。

ファンド設立のポイント

  • 営業者である合同会社等ビークルに申告・納税義務が発生
  • 実質的にパススルーと同等の税務メリットが受けられる
  • 個人投資家の場合、TK配当を原則雑所得として申告