ファンドとは

ファンドとは

ファンドの仕組み

投資家が出資した資金を、ファンド運用者(ファンドマネージャー)が運用し、その結果得た利益を、分配金として投資家に還元します。
運用の仕組み

投資家にとってのファンドのメリット

【メリット1】少額から始めることができます

多数の投資家から資金を広く募ることで、1人(1口)当たりの投資単価を少ない金額に設定することが可能となります。

【メリット2】投資対象を分散することでリスクを軽減できます

ファンドの投資対象を様々な銘柄の株式等、複数の物件の不動産等に分散することで、リスクを軽減することができます。また、株・債券・不動産等異なる資産の種類を組合わせることも可能です。

【メリット3】専門家によって運用されます

投資に関する専門知識や情報を豊富に有するプロのファンドマネージャーに運用を委託することで、高いパフォーマンスを狙うことが可能となります。

ファンドのスキーム

ファンドには様々なスキームがありますが、大きくは組合形式と法人形式の2つに分類することができます。