2018年ファンド税制 ~つみたてNISA開始、ベンチャー投資促進税制延長~

株高の追い風もあり、ベンチャー投資ファンドの設立に関するご相談が増えています。
2018年税制改正においても、株式や投資信託への投資に関する項目が目立ちました

つみたてNISA開始、総額800万円まで非課税に

 2018年1月からつみたてNISAの運用が開始されます。
従来のNISA(一般NISA)に比べ年間の非課税投資枠は少ないものの、20年間と長期にわたって資産形成することが可能です。

 一般NISAジュニアNISA

つみたてNISA
(積立NISA)

非課税投資枠
(投資上限額)
120万円/年80万円/年40万円/年
非課税期間5年間5年間20年間
投資対象上場株式・投資信託等上場株式・投資信託等一定の投資信託等に制限
投資手法自由
(給与・賞与等から天引も可)
自由定期・継続購入
or
給与・賞与等から天引


なお、「つみたて(積立)NISA」は「職場積立NISA」と混同しやすいので注意が必要です。
職場積立NISAは、職場で給与・賞与から天引された拠出金をNISA対象となる投資信託等に投資する仕組で、一般NISA口座またはつみたてNISA口座を利用することになります。
一般かつみたてかいずれの口座を利用するかによって、上表の通り投資上限額や期間が異なります。

その他の改正事項として、省エネ再エネ高度化投資促進税制の創設、ベンチャー投資促進税制の適用期限延長(2019年3月31日まで)等があります。
上場銘柄、ベンチャー企業、再生可能エネルギー等多様な投資を後押しする税制改正はファンドにとっても歓迎です。

「ファンド税務」に関連するコラム:

(2017/9/29) ビットコインの利益は雑所得、消費税は非課税に
(2017/8/31) ベンチャー投資促進税制、期限延長でファンドに追い風
(2017/5/28)  2017年ファンド税制 ~不動産取得税、登録免許税の軽減延長~
(2016/7/19)  消費税還付スキームは今後困難に、不動産ファンド組成に影響も
(2016/1/31) 2016年ファンド税制 ~株式・社債の損益通算や消費税還付スキーム~